アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
手の上の薬

EDの改善、治療を受けるためにクリニックに訪れ、医師の診察が終わった後は、検査や診断を行います。

EDの改善を行う前に、人間ドッグや健康診断などで、検査を行っていて、その結果がわかる場合は、検査や診断をしないケースもあります。

医師が問診と検査を行った後に、EDの改善、治療のために使う薬を処方できるかどうか、決めます。

EDの改善や治療には、薬を使います。
その薬は、特定の症状の人に対して処方できなかったり、一部の薬との掛け合わせが、禁止されています。

医師が問題ないと判断した際に、EDの改善や治療に用いる薬が、処方されます。

薬は、クリニックで処方されることもあれば、院外にある調剤薬局にて、処方されるケースもあります。

EDの改善、治療に用いる薬を服用する際は、医師はもちろん、薬剤師の注意点をしっかり聞くことが、とても重要です。

EDの改善、治療にかかるクリニックでの診察費や薬の料金は、全額自己負担になります。
それは、EDの改善、治療には、健康保険を適応させることが、できないからです。

そのため、EDの改善、治療のためにクリニックに訪れた際は、いつも病院やクリニックで診察を受ける時よりも、お金を多めに持っていくと良いでしょう。

薬

EDの改善を行っているクリニックにて、EDの診察を受けう際の流れについて、説明していきます。

まず、クリニックの受付に行って、EDの改善、治療のために来たという事を、伝えます。
この時に、受付担当者に対して、その事を伝えることに、抵抗感や恥ずかしさを感じることもあります。
特に、受付担当者が女性だった場合は、そう感じる男性も、中にはいます。
そのような場合は、「医師に直接相談したい」ということを、受付担当者に伝えます。

その後、医師によるEDの診察が行われます。
ここで医師に対して直接、「EDの改善、治療をしたい」ということを、伝えることも可能です。

医師から問診票を渡され、それに自分の症状を記載します。
問診票は、インターネット上にある、EDのセルフチェック用紙のような物です。

その後、問診票の内容をもとに、医師の診察が行われます。
この時に、現在治療中の病気や症状、飲んでいる薬がある場合は、それについて、医師に伝えます。
このことは、EDの改善を行っていく上で、とても重要です。

看護師

EDの改善を行っているクリニックは、日本全国にあります。

そのため、わざわざ都心部に行かなくても、EDの改善のための治療を、受けることが可能です。

インターネットを使って、EDの改善を行っているクリニックを、調べることができます。
EDの改善に関する情報を特集しているホームページもあります。
そのホームページを利用することで、自分の住んでいる地域から近くにあるクリニックを、検索できる機能もあります。
最寄りの駅からクリニックを探すことができる機能もあるので、とても簡単に調べることが、可能です。

EDの改善を行うためにクリニックに通う前に、インターネットでEDのセルフチェックを受けることができます。
EDのセルフチェックを受けることで、自分自身の状態がわかります。

勃起の継続時間や、性的な刺激を受けた時に挿入可能な硬さになるのはどれだけの頻度なのか、女性とのセックスを行う際にどれだけの回数勃起状態を維持することができたかなどという質問に対して、自分でチェックしていきます。

EDのセルフチェックの内容により、自分のEDの状態がわかります。

自分ではEDだと思っていても、実はEDでなかったというケースもあります。
反対に、自分では心配がないと思っていても、実はEDだったというケースも、存在します。